脱毛の仕方に合わせた育毛剤

毛髪が抜けて薄くなる症状を脱毛症と言います。脱毛を防いだり、今の症状を改善するために用いられるのが育毛剤です。育毛剤はいろいろなものがあります。脱毛症にもさまざまな原因があります。そのため、まずは、脱毛症の原因を知り、それに合わせて育毛剤を選ぶことが、効果的な育毛剤を選ぶことになります。
脱毛症は、ストレス性や脂漏性、ホルモンバランスに起因するものなどがあります。脂漏性脱毛症とは、皮脂の分泌が活発になりすぎるために起こる脱毛です。ホルモンバランスは、男性の場合には男性ホルモンの影響が強すぎて脱毛するケースがあります。女性の場合には女性ホルモンの分泌が変化することなどによって脱毛が起こるケースがあります。その他の原因としては、不潔にしているとそこから炎症が起こり、それがきっかけとなって脱毛することもあります。
ストレス性の場合には、まず、そのストレスを無くすことが必要です。心療内科などに通うケースもあります。脂漏性の場合には、専用シャンプーなどが育毛剤をセットで販売されているものもあります。不潔が原因の場合は問題外で、まずは清潔に保つ努力が必要です。女性で育毛剤を使用する場合には、女性専用のものを使用した方が効果が期待できます。
男性ホルモンによる影響により起こる脱毛は男性型脱毛症と言います。近年、この男性型脱毛症を改善するための薬が開発されました。それはプロペシアという薬です。プロペシアは、飲む育毛剤と言われています。プロペシアを服用すると、脱毛の原因となっている男性ホルモンの産生量を抑制することができ、結果として薄毛が改善されます。それまで、他の育毛剤を使用しても、あまり効果が無かったという人が、プロペシアを服用して髪の毛が増えた、という例もあります。