プロペシアとミノキシジル

現在、AGAと呼ばれる男性型脱毛症に効果的であると科学的に認められた薬としては、プロペシアとミノキシジルを挙げることができます。プロペシアは主に内服薬として、ミノキシジルは主に塗り薬として使用されることが多いです。
まず、プロペシアについてですが、これは男性型脱毛症の原因とされる男性ホルモンの一種を抑制することによって、毛髪の成長を促すための薬です。もともとは前立腺肥大症などに用いられていた薬でしたが、育毛にも効果的であるということがわかってきています。最近では、AGA外来というものを多くの医療機関において実施していますが、そういった医療機関で処方される薬のほとんどはこのプロペシアであるということが言えます。服用方法としても1日に1回服用するだけで良いので、それほど負担なくAGA治療を継続することができます。副作用に関してもそれほど重篤な副作用はあまりないというのが現状です。
ミノキシジルに関しては、これももともと血圧を下げるための薬でしたが、塗り薬タイプの育毛剤に使用されるようになってきました。ミノキシジルを頭皮に付けることによって、頭皮の血行を良くすることができます。頭皮の血行がよくなると、その分髪の毛にも栄養が血液と一緒に運ばれてくることになりますから、毛髪の成長を促すことができるようになります。また、最近ではミノキシジルを飲み薬として使用するケースも増えてきているようですが、副作用も出る場合があるため、まず使用する前に医師に相談することが大事になってきます。
このように、最近のAGA治療の主流としては、プロペシアを内服薬として使用し、ミノキシジルを塗り薬として使用するという組み合わせが良くみられるようになってきています。